自立型個別学習G-PAPILS
PCサイト
  • 見学・体験入学・資料請求・お問合せ
  • お問い合せ番号
  • 教室を探す
お問い合わせ受付時間:10:00〜18:00(日曜・祝日を除く)

指導システム

指導システム

個別
カリキュラム

個別
スケジュール

成績アップ!!

ジーパピルスが選ばれる
8つの理由

1.一人ひとりに合わせた学習指導
一人ひとりに合わせた学習指導
主要科目の5教科の授業が、いつでも・どこでも・何度でも受けられます。単元の導入や問題解説だけでなく、学力定着テスト、英検や数検などの資格試験対策、受験対策の総合テストに至るまで。生徒の目標に応じた学習指導内容を、幅広く取り揃えております。学校の定期テスト対策から受験対策まで、丁寧にサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
2.自分のペースで勉強できる
自分のペースで勉強・質問ができる「自立型学習システム」
一人ひとりのことを考え、個別に適切なカリキュラムを作成しますので、同じ学年の生徒さんであっても勉強している内容はそれぞれ異なります。理解度の速い生徒さんはどんどん先に進めることができますし、勉強に苦手意識のある生徒さんは無理せずにじっくり自分のペースで進めることができます。また、わからないところは何度でも、わかるまで繰り返し勉強することができます。教室には必ず学習サポーターが常駐していますので、疑問点はいつでも質問できるのが強みです。

詳しくはこちら▶▶▶

3.成績が上がる授業の流れ+個別の学習課題に対応
成績が上がる授業の流れ+個別の学習課題に対応
  • 宿題チェック
  • 解答・解説
  • メイン授業(新出事項の理解)
  • 問題演習
  • 解答・解説
基本的に、一般的な塾のクラスで行うような「成績が上がる」授業の流れに則り、学習を進めていきます。最も大きな違いは、それぞれにかける時間を、個別に対応できること。例えば、生徒たちの問題演習にかかる時間や正解率は、生徒によって個人差があります。解説も自分の間違えた問題だけ聞くようにすれば、より時間が有効に使えます。また、説明を聞いて理解する時間も一人ひとりに合わせることが可能なので、「勉強についていけない」と悩むお子様がいないのも特徴です。デジタル白板を利用した授業は、ポイントの説明・演習・解説の順で構成され、その場で個別授業を受けているような臨場感があります。
4.確認テストで「理解度」をチェック
授業の最後の確認テストで「理解度」をチェック
授業単元の理解度を確認するためのテストを行います。このテストで合格点に達しなかった場合も、あやふやな理解のまま次の単元へ進めるようなことはありません。できるまで丁寧に、補習を行いサポートいたしますのでご安心ください。
5.子ども自身のやる気を引き出す、学習サポーターの役割
子ども自身のやる気を引き出す、学習サポーターの役割
「うちの子はやる気がなくて……」と、お子様の学習姿勢に不安を抱いている保護者の方は、決して少なくありません。しかし、子どもたちのやる気を引き出すことは、学習サポーターの大切な役割であり、ジーパピルスの「自立学習」ならそれがカンタンに実現できます。重要なのは、「やったらできた!」という成功体験の積み重ね。子どもたちは、その心地よい実感が持てるようになれば、自分から意欲的に学習していくようになります。日々の授業でも「いいね!」「わかっているね!」と子どもたちの良いところを細やかに褒めることで、お子様のやる気を引き出します。子どもたちが「学習を楽しいと感じる」ことを目標に、背中を押すことから始めていきましょう!
6.通塾スケジュールを自由に設定できる「学びフリー」システム
通塾スケジュールを自由に設定できる「学びフリー」システム
さまざまな習い事や部活動などで、決まった曜日や時間に学習のための時間を確保するのが難しいという、忙しい子どもたちが多い昨今です。ジーパピルスなら、それぞれの都合に合わせて通塾する曜日や時間帯を自由に選ぶことができます。 「いつでも」「どんな場所でも」「繰り返し何度でも」学習ができるシステムが確立されているので、それぞれに目標を設定し、自主的に学習行動ができるような指導を行っています。 現状の成績やモチベーションにも合わせて、通塾の回数や時間を自由に設定してください。

詳しくはこちら▶▶▶

7.欠席の振替は基本的にいつでも可能
欠席の振替は基本的にいつでも可能
座席数の都合上、基本的には入塾時に通塾の曜日と時間を決定し、登録した曜日・時間帯に通塾することになります。ただしテスト前など、集中的に学習をしたいときは通塾日を増やすこともできますので、お気軽にご相談ください。欠席の振替も、もちろん可能です。
※座席数が定員に達した場合、その時間帯は通塾登録・振替がお受けできません。詳しくは各教室にお問い合わせください。
8.細やかな成績管理カウンセリングの進路指導
細やかな成績管理カウンセリングの進路指導!
ジーパピルスでは、定期的に生徒面談を実施しています。現状のカリキュラムに関する進捗状況や、学校授業の進度と問題点。中・長期目標の進捗と見直しを繰り返し、進路指導や日常の些細な悩み事まで、生徒との丁寧なコミュニケーションを元に、より緻密な個別カリキュラム・指導の指針を実現しています。また、保護者様とは年に2回の定期面談のほか、随時ご希望に応じて保護者面談を受け付けております。対面・電話・メール等による「生徒-パピルス-保護者」間のしっかりしたコミュニケーションで、一人ひとりの学びに寄り添うことこそ、確実な学習成果へと導く秘訣です。
保護者様のお悩みを解消
Q.塾に通ったことがない。部活と両立できるか不安…
A.ジー・パピルスなら個別指導学習なので一人ひとりに合わせた学習プランを立てることができます。スケジュールも自分で選べるので、無理なく学習を進められ、部活との両立も安心です。

Q.集団塾に通っているが、今一つ成績が伸びない。理解する前に授業が進んでしまう。
A.ジー・パピルスではチェックテストでお子さまの理解度を確認しています。通塾回数無制限なので、どんなに時間をかけても、わかるまで繰り返し学習できます。

Q.通信教材をやっている。一人では進んでやらない。間違った箇所を教える時間がない。
A.ジー・パピルスなら、一人ひとりの授業内容を教室長が決めるので、計画的に学習を進められます。いくら良い教材でもやらなかったり、間違えてそのままにしたりでは力が付きません。

マナミル 塾に通うだけじゃない学習管理
学習計画を自分で立てれるようになる
生徒 自分で学習計画を立てて勉強できるようになる!
成長を実感できるからモチベーションUP!
  • 1週間・1ヶ月単位の学習計画を入力
  • 理解度の振り返り
  • テスト結果入力
学習の進捗が一目で分かる
先生 学習進捗がわかるから、褒めたり
コミュニケーションのきっかけとなる!
  • 子どもの学習計画・理解度・速度を把握できる
  • 教育情報やお知らせを保護者へ配信
GDLS(ジーディーエルエス)個別最適化学習を実現

個別に問題が最適化される「パピルスプリント」をデジタル化、ICT端末上で学習できるようになりました。さらに全問題に解説授業がつきました。端末上に表示された問題をノートに解き、採点。解説授業を見て、弱点を補強します。中学生はこちらを宿題として課しますので、ご家庭でICT端末を使用して進めていただきます。

理解度確認問題
理解度確認問題
単元の内容をどのくらい理解しているか確認問題を解きます。正答率からAI(人工知能)が理解度を分析します。
演習問題
演習問題
一人ひとりの理解度に合わせた演習問題を出題。全問正解なら次の問題へ。間違えた問題や分からない問題があれば解説動画へ。
解説動画
解説動画
間違えた問題、分からなかった問題は解説動画の視聴で解き方や考え方を再確認し、理解度を深めます。
実力派講師陣をフル活用した映像授業!
自分のペースで勉強できる!

自立型個別学習ジーパピルスは、「学校のテスト対策をやりたい」「これまでの内容の復習を徹底的に」「どんどん進めて受験対策を」など、さまざまなリクエストにお応えできます。
生徒さん一人ひとりのことを考え、カリキュラムを作成しますので、同じ学年の生徒さんであっても勉強している内容はそれぞれ異なります。
理解度の高い生徒さんはどんどん先に進めることができますし、勉強に苦手意識のある生徒さんは無理せずにじっくり自分のペースで進めることができます。また、わからないところは何度でもわかるまで繰り返し勉強することができます。
教室には必ず先生がいますので、疑問点はいつでも質問できます。

一般的な集団レッスン
Aくん
クラスの授業内容が、今の学力と離れすぎてしまい、ついていくのもきつい状態。完全に消化不良ですね。

Bくん
今の学力と授業のレベルが適正です。
これは効果的!

Cくん
今の学力を考えると、もっと負荷をかけなければなりません。いずれ物足りなく感じるようになるでしょう。

Aくん、Cくんは我慢するしかないのでしょうか?
パピルスの自立学習
自立型個別学習ジーパピルスには、それぞれのカリキュラムがあります。3人にそれぞれの個別の課題が与えられますので、自分の学力を伸ばすのに最適な学習量をこなすことが可能です。

苦手なお子さんは、焦らずに一つ一つをしっかり克服することで自信をつけます。 得意なお子さんは、どんどん先に進むことができ、学校では教わらないレベルの問題にチャレンジします。

通塾スタイル

好きなときに好きなだけ勉強できるから成績が上がります。
お子様のスタイルにあった時間割をご提案します。

標準コマ追加コマ