学研の個別学習G-PAPILS
電話番号

小学生

小学生 1人ひとりに合わせた学習方法で確かな学力アップを目指します

小学生の各コースご紹介

英語コース
入試につながる英語力をつける!

英語コースのポイント

新指導要領の運用が始まり、「聞く・読む・書く・話す(コミュニケーションをとる・発表する)」の4技能5領域の教育が、小学校の英語でも本格化しました。ジーパピルスの小学英語では、英語の授業内容をサポートしながら、以下の4点を目標に、中学(高校入試)につながる学習を進めていきます。

「聞いて理解できる」
「正しい文を作ることができる」
「発表できる」
「コミュニケーションを積極的にとることができる」

英語コースのポイント

苦手意識を持つ子の多い英語ですが、これらを早くから意識することで、定着度は格段に上がります。また、中学校では、小学校で学習した内容を前提に授業が進むため、早期の対策が必要になります。
ジーパピルスでは、はじめに「語彙力」「文法力」の定着を目指します。そのうえで、一人ひとりのレベルに合わせた英検対策に取り組みます。
2020年の大学入試改革を受けて、英検やTEAP等、英語の資格・検定試験を入試に取り入れる大学が増えています。ほとんどの大学では、資格取得後2年間は、入試に利用できます。早期に資格を取得しておけば、英語の受験が不要になったり、合否判定で優遇されたりします。英検合格に向けて、徹底的にサポートいたします。

算数コース
先取りと復習をくり返す!

算数コースのポイント

一人ひとりの学力に応じて、無理なく学校の先取りができるカリキュラムを組んでいきます。学校の進度に合わせて宿題を課すため、学校の授業でもよく理解できるようになります。結果、ストレスなく、計算問題・文章問題・図形問題などの学習内容を、基礎から身につけることができます。また講習会では、「理解不十分な単元」や「忘れてしまっている単元」に絞って丁寧に復習します。
このくり返しが、「わかった!」「できた!」という自信となり、「テストで100点」を取る力につながっていくのです。

算数コースのポイント
国語コース
読解力もついて、漢字も得意に!

国語コースのポイント

「読解力」は、全教科を通じて必要な力です。その意味で、国語は最も重要な教科であるとも言えます。国語は短期間で結果が出にくい反面、勉強時間の確保をおろそかにされがちな教科でもあります。つまり、小学生の時点で先々を見据えて、じっくりと勉強を積み重ねておくことが大事になります。
またジーパピルスでは、漢字の暗記を「読解力につながる語彙習得」と位置づけ、学習を進めていきます。

国語コースのポイント
プログラミングコース
プログラミング的思考を身に付ける!

プログラミングコースのポイント

2020年度より、小学校でプログラミング教育が必修化されました。2024年度よりスタートする大学入学共通テストでは、いよいよプログラミングが科目化されます。
ジーパピルスでは、サイバーエージェントグループが開発した「QUREOプログラミング教室」を採用し、プログラミング的思考を効率的に育成していきます。「プログラミング能力検定」の合格を目標に据え、そのために必要な力を戦略的に身につけていきます。
講師は、最新システムを使い、一人ひとりのつまずき・レベル・成績をリアルタイムで把握できます。これによって、個々の状況に応じた丁寧なサポートが可能となっています。自分からはなかなか声をあげられないお子さまにも、安心してご受講いただけます。

速読コース
速く正確に読み解く力を鍛える!

速読コースのポイント

読解力はすべての教科の基礎となる能力です。文章を速く正確に読み取ることは、ふだんの学習時間や試験時間を有効に活用することにもつながります。ジーパピルスの速読コースでは、タブレット端末で取り組む「ゲーム性を取り入れたコンテンツ」を採用しています。これにより、国語が苦手なお子さまも、楽しく効果的に読解力を鍛えることができます。一般的に「とばし読み」と呼ばれる速読とは異なり、文章を速く正確に読み取ることができるようになります。

英会話コース
英語の「聞く」と「話す」の力を伸ばす!

英会話コースのポイント

学習指導要領の改訂により、今後中学では、英語4技能のうち「聞く」「話す」の能力がより求められるようになります。
ジーパピルスの英会話コースは、外国人講師と完全1対1で学ぶ、オンライン個別指導となっています。学習指導要領に沿ったカリキュラムなので、小学校の英語の授業対策にもつながります。また、英検の2次試験対策としても、ご活用いただけます。

英会話コースのポイント
資料請求・お問い合わせはこちら
G-PAPILS無料体験までの流れ