自立型個別学習G-PAPILS
電話番号

英検合格コース

英検合格コース

メリットがたくさん!

❶将来の大学入試に有利!
2024年度より、大学入試において英検をはじめとする民間テストが採用されます。つまり、英検の成績が大学入試に利用されます!
❷英語が得意科目になる!
早くから英検を受けることで英語力が向上し、中学校での英語の授業が理解しやすくなります。英語が得意科目となるのです!
❸4技能が身に付く!
英検は4技能(読む・書く・聞く・話す)を中心に出題されるので、英検の勉強をすることで英語力身につきます(英検3級以上はスピーキングを行います)。
❹中学の授業についていける!
英検の勉強をしておくことで、中学生から始まる「オールイングリッシュ」の授業にも対応でき、周囲から遅れを取ることがなくなります!
❺高校受験にも有利!
高校受験にて、英検3級以上を取得していると優遇措置を受けられることがあります。
❻大学受験にもますます有利!
大学受験にて、英検2級以上を取得していると出願資格や得点が加点されたり、試験が免除になったりするケースが非常に多くなっています!
❼就職にも有利!
英検は、文部科学省が後援していることから信頼度が高く、実用的な英語力を測る基準として、就職活動においても有利になります!

具体的に何が変わるの?

具体的に何が変わるの?

小学生
3、4年生から「外国語活動(必修化)」がはじまります。5、6年生は「外国語活動」として英語に触れてきましたが、これからは教科として英語を学ぶことになります。英単語は600〜700語を取り扱います。
中学生
身近な事柄を中止に、コミュニケーション能力を養うことを目標とします。授業は英語で行うことを基本とし、言語活動が重視されます。これまでより「聞く」「話す」が大切になっていきます。
高校生
英語を通じて情報や考え方など的確に理解したり、適切に伝えたりするコミュニケーション能力が必要になります。単なる「教科」としての英語を学ぶのではなく、実際の生活や仕事で使える英語力を身につけていきます。

「聞く」「話す」は英会話スクールで学ぶのでいい?

新しい学習指導要領では、[小学校で英語授業の教科化]や[中学校の英語授業を原則英語で実施]など、グローバル化に対応した英語教育改革が推し進められています。「英語」への関心が高まる昨今、英会話スクールの数も増えているのですが、そのほとんどが「なんとなく話せるようになる英会話」であり、受験・英語対策に直結した「実践的な生きた英会話」を学べる環境はまだ少ないのが現状です。

塾で英語を勉強するメリットとは?

学ぶ単元や順番が学校と同じ!
英会話スクールと比べ、学校と塾は学ぶ単元や順番が同じなので、未収単元が先行して出るような「学びの無駄」が発生しません。効率よくわかりやすく習得することができます。
子どもたちに理解がある!
普段から定期テストや受験対策を指導し、子どもたちのことを理解している塾が提供・管理するため、より効率的かつ実践的に「受験対策」と「生きた英会話」を指導することができます。
資料請求・お問い合わせはこちら
G-PAPILS無料体験までの流れ